マーブルファミリー歯科クリニック

マーブルファミリー歯科クリニック

入れ歯・ブリッジ

  • TOP  > 
  • 入れ歯・ブリッジ

見た目だけでなく、
QOL(生活の質)を改善する入れ歯治療

虫歯や歯周病、事故などによって歯を失ってしまっても、その機能は入れ歯で補うことができます。たとえ1本でも歯を失ったままにしておくと、やがて食事や呼吸、発音に支障を来たすだけではなく、
歯並びが悪くなることもあるのです。見た目だけでなく、QOL(生活の質)を改善するためにも入れ歯をおすすめします。こちらでは、東武野田線「運河駅」「江戸川台」からの
アクセスが便利な流山市の歯医者「マーブルファミリー歯科クリニック」が入れ歯治療についてご案内します。

合わない入れ歯で我慢していませんか

合わない入れ歯で我慢していませんか

完成当初は何の問題がなくても、加齢などにより顎の骨がやせてお口の状態が変化すると入れ歯が次第に合わなくなってきます。もしこれを放置するとどうなるでしょう。

「よく噛めない」「痛い」「外れやすい」などのトラブルを抱えることになります。また、噛み合わせの不良が骨格にも悪影響を及ぼして、頭痛や腰痛、肩こり、首こり、手足のしびれなどを引き起こすことも考えられます。合わない入れ歯を我慢して使い続けても良いことはありません。こうなる前にぜひ、当院にご相談ください。快適に使い続けられるよう、しっかり調整、修理いたします。

入れ歯の種類(自費)

当院で取り扱いのある自費入れ歯について主なものをご紹介します。

選定療養費制度とは:医療機関の機能分担の推進を目的として一部治療費用を保険で負担する厚生労働省により制定された制度です。

総入れ歯
金属床(選定療養制度の適応)

金属床(選定療養制度の適応)

特徴 床部分が金属でできた自費入れ歯
メリット
  • 床部分が薄いため、軽く装着感に優れる
  • 熱伝導率の高い素材で、食べ物の温度がわかりやすい
  • 汚れが付きにくい
  • 耐久性に優れる
デメリット
  • 自費なので比較的高額
  • 金属アレルギーのリスクがある

※表は左右にスクロールして確認することができます。

チタン床(選定療養制度の適応)

チタン床(選定療養制度の適応)

特徴 床部分にチタンを用いた自費入れ歯
メリット
  • イオン化しにくいチタンを用いるので金属アレルギーのリスクが低い
  • チタン製なので軽量で強靭。耐久性も高い
  • 熱伝導率の高い素材で、食べ物の温度がわかりやすい
  • 汚れが付きにくい
デメリット
  • 自費なので費用がかさむ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

特徴 審美性と機能性、どちらも優れた自費入れ歯
メリット
  • 天然歯のような美しい概観
  • 精密な型採りを実施するので、外れにくく痛みが生じない
  • しっかり噛めるので食事が楽しくなる
デメリット
  • 比較的費用がかかる

※表は左右にスクロールして確認することができます。

部分入れ歯
金属床

金属床

特徴 床部分が金属でできた部分入れ歯
メリット
  • 金属バネを見えにくくできる
  • 床部分が薄く装着感に優れる
  • 金属床なので食べ物の温度がよく伝わる
  • 耐久性に優れる
デメリット
  • 自費診療なので比較的高価
  • 場合によっては修理できないことがある

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

特徴 金属バネのないシリコン製入れ歯
メリット
  • バネがないので見た目が良い
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 装着感に優れる
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 長期の使用でシリコンが変色することがある
  • 著しい温度変化で変形することがある
  • 床部分がシリコンのため食べ物の温度が伝わりにくい
  • 骨吸収が生じやすい

※表は左右にスクロールして確認することができます。

その他の入れ歯

※表は左右にスクロールして確認することができます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

特徴 歯根の残った部分と入れ歯の内側に磁石を取り付け、強い磁力により固定するタイプの入れ歯。
メリット
  • バネがないので見た目が良い
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 装着感に優れ、よく噛める
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 自費診療なので比較的高額になる

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

特徴 特殊な金具で埋め込んだ人工歯根と入れ歯を装着して維持するタイプの入れ歯。取り付け部の形式にはマグネット式、スナップボタン式、ボール式、バー式などがある。
メリット
  • 入れ歯を固定できる
  • 見た目が良い
  • 取り外しができ、掃除がしやすい
デメリット
  • 症例により適用できないことがある
  • インプラントを埋め込むための手術が必要
  • 自費診療のため比較的高額になる

※表は左右にスクロールして確認することができます。

入れ歯のお手入れ

入れ歯のお手入れ

入れ歯を長持ちさせ、快適な装着感、使用感を維持するにはやはり日頃のお手入れが大切。もし、汚れを放置しておくと、本体の傷みが進むだけでなく、残った健康な歯が虫歯や歯周病になるリスクも高まるからです。また、細菌が繁殖して口内炎や誤嚥性肺炎、口臭の原因となることも。なお、入れ歯に用いられている素材は軟らかいものが多いため、洗浄に歯磨き粉を使ってはいけません。細かい傷から細菌が侵入し、繁殖してしまうからです。入れ歯の洗浄には本体を傷つけない専用の洗剤、歯ブラシを用いるようにしましょう。