マーブルファミリー歯科クリニック

マーブルファミリー歯科クリニック

予防歯科

  • TOP  > 
  • 予防歯科

大切な歯を守るには、治療よりもまず予防

治療で削った歯や取り除いた神経はもう元に戻せません。だからこそ、虫歯や歯周病にならないよう予防することが大切です。東武野田線「運河駅」「江戸川台」からの
アクセスが便利な流山市の歯医者「マーブルファミリー歯科クリニック」では、虫歯や歯周病にならないための予防処置やアドバイスを地域の皆さんにご提供しています。

予防のプロ、歯科衛生士におまかせください

予防のプロ、歯科衛生士におまかせください

ご自宅での日常的なケアもちろん大切ですが、自己流のブラッシングでは落とせない汚れや届かない汚れがあるのもまた事実。しかし、かといって、そのままにしておいたら、歯石やプラークが歯に沈着して虫歯や歯周病を引き起こしかねません。やはり、歯科医院で定期的なケアを受けるのが最善だと言えます。その意味でも、ぜひマーブルファミリー歯科を受診してください。予防のプロ、歯科衛生士が優れた技術で皆さんの歯と口腔内の健康をお守りします。

歯科衛生士によるケアのメリット
  • 1.万全な予防処置

    歯に付着したプラークや歯石を専用の器具を使って除去したり、フッ素を歯に塗布したりと、プロの技術で虫歯や歯周病の発生、進行を防ぎます。

  • 2.的確な指導とアドバイス

    患者さん一人ひとりに対して、歯や口腔内の健康を保つためのアドバイスを専門的立場からきめ細かく行います。ブラッシングだけでなく、食生活や生活習慣の指導もいたしますのでぜひご活用ください。

  • 3.顔なじみになればより安心

    定期的に通うようになれば歯科衛生士とも顔なじみになるので、リラックスして処置やアドバイスが受けられます。もちろん、患者さん自身のことをよく把握しているのでなお安心です。

予防のメニュー

当院がご提供する予防歯科のメニューには次のようなものがあります。

  • 歯科衛生士によるケアのメリット

    歯科衛生士によるケアのメリット

    ブラッシングも自己流では、磨き残しや磨きムラが生じてしまいがち。そこで、歯科衛生士がプロの目で患者さん一人ひとりに合ったブラッシングをていねいに指導します。

  • SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

    SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

    スケーラーという治療器具で、歯周病菌の温床となるプラークや歯垢を歯の表面や歯周ポケットから取り除きくのがこのSRPという処置。超音波の力で石灰化して硬くなったプラークも簡単に取り除けます。

  • PMTC

    PMTC

    専用の器具を用いて、歯の表面に付着した汚れを徹底的に除去するのがPMTCと呼ばれる処置。日頃のブラッシングでは取り除けないプラークもこれできれいになるため、虫歯や歯周病が効果的に予防できます。

小児歯科のメニュー

お子さまの歯を虫歯から守る予防処置や指導メニューをご紹介します。

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    虫歯予防の基本は何と言ってもブラッシング。子どもの頃から歯科医療に基づいた正しい磨き方を身につけることで健康な歯を維持することができます。当院では、お子さんの年齢やお口に合ったブラッシングをきめ細かく指導します。また、親御さんには仕上げ磨きをアドバイスさせていただいていますので、お子さんが小学校高学年に上がるまでこの方法でブラッシングを手伝ってあげてください。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    虫歯菌は歯の表面にあるエナメル層から溶かしていきますが、これを修復する働きが再石灰化と呼ばれるもの。当院では、歯の表面の再石灰化を促し、歯質を強くするフッ素を塗布する予防処置を行っています。また、このフッ素には菌を不活発にする働きもあるので、虫歯予防だけでなく、初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治療効果が上がることも。定期的にケアしていきましょう。

  • シーラント

    シーラント

    奥歯の噛み合わせ面にある溝を歯科用プラスチック(レジン)でふさぐシーラントという処置を行います。こうすることで、奥歯の溝に汚れが残りにくくなるだけでなく、ブラッシングも容易になるので虫歯予防効果が高まります。

虫歯は治療しても“元通り”ではありません

虫歯は治療しても“元通り”ではありません

はじめのうちは自覚症状がないため病状が進行していることに気づかず、知らずしらずのうちに治療が必要になるほど悪化しているのが虫歯や歯周病。失われた歯質は再生しません。予防せずにいると何度も歯医者で治療を受けることになりますが、その都度、歯や歯周組織が損傷していき、最終的には歯そのものを失うはめになります。

予防が大事なのは、歯の健康をいつまでも維持するのにそれが不可欠だから。もちろん、治療せずに済めば費用負担はもちろん治療に伴う苦痛も減らせます。もし、歯を失ってインプラント治療を受けることにでもなれば、保険適用外だけに相当な額の出費を覚悟しなければならず、長期にわたる通院を余儀なくされます。以上のことから、予防がどれほど大切かご理解いただけたと思います。