マーブルファミリー歯科クリニック

マーブルファミリー歯科クリニック

口腔外科・親知らず

  • TOP  > 
  • 口腔外科・親知らず

大学病院と変わらない高度な口腔外科治療を目指して

親知らずを抜歯したり、歯や口腔内の外傷を治療したり、また舌や口唇、頬のできものを切除したりするのが口腔外科。こちらは一般の歯科では対応できない分野ですが、
東武野田線「運河駅」「江戸川台」からのアクセスが便利な流山市の歯医者「マーブルファミリー歯科クリニック」なら大学病院と変わらない高度な治療をご提供できます。ただし、必要に応じて大学病院に紹介することもあります。

大学病院レベルの口腔外科を

大学病院レベルの口腔外科を

一般の歯科では、歯と歯周(歯肉、歯槽骨などの組織)を対象とした診療、治療が主体ですが、これらに加え、大学病院と同等の口腔外科をご提供できるのがマーブルファミリー歯科クリニックの強みです。親知らずの処置はもちろん、口腔内のできもの(粘膜疾患)や、ケガで折れた歯の修復、埋没した歯の抜歯などありとあらゆるトラブルを解消します。また、親知らずを失った奥歯の代わりに移植する「歯牙移植」や難しいインプラント症例、重度の歯周病治療など、難度の高い治療にも対応しています。

対応する処置
  • 親知らず、埋没歯の抜歯
  • 舌や口唇、歯茎のできもの、膿疱の摘出と切除
  • 上顎洞(じょうがくどう)に生じた異物の除去
  • 魚の骨の除去
  • ケガで折れた歯、切った口唇など外傷の治療
  • 歯の移植・再植(歯牙移植)
  • インプラントの除去
  • インプラント難症例の治療
  • 重度の歯周病治療

親知らず

親知らず

これがあることで歯並びに悪影響を及ぼしたり、歯茎に炎症や痛みが生じたり、虫歯の原因になったりと、何かと口腔内のトラブルを引き起こすのが親知らず。すべてのケースで抜歯する必要はありませんが、噛み合わせを悪くするような生え方をしているものや変形しているもの、すでに虫歯になっているようなものは症状が悪化する前に除去しておきたいところです。また、腫れを伴う親知らずを放置しておくと、炎症を引き起こしている感染源(細菌)が広がって発熱や倦怠感など全身症状に発展する恐れもあるので早急な治療が必要です。

親知らずで抜歯をおすすめするケース
  • 食べ物のカスなどが詰まりやすく、親知らずの前にある歯が虫歯になりやすい場合
  • 歯と歯茎の間に炎症があり、痛みや口臭が気になる場合
  • 親知らず自体が虫歯になっている場合
  • 親知らずのせいで噛み合わせがよくない場合
  • 歯並びに悪影響が出ている場合
  • 虫歯治療の障害になる生え方をしている場合(治療器具が入らないなど)
診断、治療の流れ

当院では、親知らずがどのような生え方をしているのか、目視やレントゲン撮影で事前に確かめた上で、抜歯の必要性を判断。必要と判断した場合はその理由と、そのままにしておいた場合のリスクを患者さんにわかりやすくご説明します。治療は局所麻酔を行いますので痛みはほとんどありません。

歯牙移植

歯牙移植

当院では、虫歯などが原因で抜けてしまった奥歯の代わりに親知らずを移植する「歯牙移植」も口腔外科で取り扱っています。ただし、移植には虫歯などに侵されていない健康な親知らずが生えていることが必要です。

歯牙移植のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • ブリッジのように健康な歯を削る必要がない
  • 噛み合わせをうまく再現できる
  • 治療費が比較的安い(保険適応となる場合も)※1
  • 条件に合った親知らずが不可欠
  • 治療期間が5~10週間程度と長い※2
  • 治療後の経過が不安定になりがち
  • 寿命は平均で5~10年程度

※表は左右にスクロールして確認することができます。

※1 保険適応となるのは親知らずを移植した場合だけです。
※2 移植後、数週間は固定する必要があります。